その25【比較2編】(中2:12月~1月頃)




●~er than(より~)
●more ~ than(より~)

「私は○○より~です。」と純粋な比較表現を使いたい場合、上の2つのどちらかで言い表せます。 しかしこれはどちらを使ってもよいというわけではなく、「~」の中に入る単語で使い分けます。

【~er バージョン】

●基本は普通に付けます。
(fast →faster, big →bigger(g重ね注意), high →higher)
●「s」や過去形の「ed」と同じです。お馴染みの「y」に緊張せよ。
(pretty →prettier, easy →easier, happy →happier)
●特殊変化のものは暗記。
(good と well →better, many と much →more)

ここで、念を押して確認すべきことがあります。お尻に何かをつける場合、「ing」だけはつけ方が違いましたね?「ing」以外は全て共通で、「y」に緊張してください。

ちなみに「ing」は「y」無視ですよ。「ing は e を取る!」コレが格言でしたね。

【ワンポイント】

「比較(er)は形容詞や副詞に付く」という説明はかえって混乱させるだけなので避けます。英作文を続けさせれば、どの単語にerをつけるのか自然に覚えます。英語の授業ではなるべく「形容詞・副詞・修飾語」という国語言葉は避けたい所です(主語と動詞だけ知っていればよい)。

例1:私の母は彼女よりも若い
→My mother is younger than she.
私の母は ~より若い 彼女

例2:彼は野球よりサッカーが好きです。
→He likes soccer better than baseball.
彼は 好む サッカー ~より 野球 (←野球よりという意味です)

サッカーと野球の位置に注意してください。しかしここでも英語を前から訳す習慣がある人は問題ありません。「He likes ~」(彼は 好む)と来ているので、当然好むものを「~」に入れます。ゆえにサッカーしか入りません。 「~より好き」の「like」表現には「better」を使うことも忘れずに。

【more ~ than バージョン】

次に「~er」を使えずに、こちらの表現になる場合です。 「~er」が使えないものは、基本的に付けると長くなってしまう単語です。

●7文字以上はerが付かない!
(famous, usefulは例外。両方とも6文字だがこれもerは付きません)

本来は「3音節以上の単語はerが付かない」のですが、中2生に3音節は難しいです。「長けりゃつけるな!」で十分です。

beautiful →more beautiful
interesting →more interesting
famous →more famous

interesting はアクセントに注意せよ!アクセントはドアタマの「i」です。絶対に最初を強く読んでください。これは出やすいので常に意識しましょう。

例3:このカバンはあのカバンよりキレイ (美しい)。
→This bag is more beautiful than that one.
このカバンは ~より美しい あのカバン
(bag を2回使うとくどいので、oneで 代用してください)

この単元ではer の付け方と、erを使わずに「more ~ than」の表現を用いる区別の2点に注意してください。

【特殊な疑問表現】

例:ヒロミとクミコではどっちがかわいいですか?
→Which is prettier, Hiromi or Kumiko?
どっち よりかわいい ヒロミ それとも クミコ

(このような疑問文の場合、ハッキリと「~より…」と定められな いため、 than は必要ありません。一発カンマも忘れずに!)

【以下私立高校用】

「他のどの~より」と言う表現。

例:富士山は日本で他のどの山よりも高い。
→Mt. Fuji is higher than any other mountain in japan.
富士山は ~より高い ほかのどの 山 日本で

この表現に限り、thanの後に「any other 単数」という言い回しを使います。anyがつくと複数形にしがちですが「mountains」にせずに、しっかり「mountain」のまま単数形を置いてください。 しかしこれは公立高校にでませんので、ひとまずは無視してしまってもOKです。

【豆知識】

「~より」なのにthanがいらない?

「Which is prettier,~」の部分ですね?これもよく質問が飛び交います。実はですね、「er」が「~より」という意味なんです。というと、「than」も 「~より」なので、この「than」が存在する意味がなくなると思うでしょう?これは日本語のトリックで、例えば上の例1を本来の日本語にするとこうなります。

「私の母は彼女よりより若い。」

「~より」が2つ入っていますね。本来はこれが正しい訳なのです。でも日本語としては、。「~より」は1回の方がスマートです。なので混乱が起きてしまうのですね。

ちなみに「Which」ではじまる比較の疑問文はこうです。

「ヒロミとクミコではどっちがよりかわいいですか?」

ほら、こっちは1つでしょう?

(C) 2005-2017まなぶろぐ中学英語
※紹介していただくのは大歓迎ですが、転載はご遠慮ください。

他の受験情報は以下より検索

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(塾)へ

スポンサーリンク




スポンサーリンク